社会WatchPlus

世の中のあれこれに、ちょっとモノ申したい。

公務員の仕事ぶりを見て思う。「役所を民営化しろ!」

大きな市役所には、いっぱいカウンターが並んでいる。上の案内板を見ながら、目的の部署を探して行き、カウンター前に立つ。役所というところは、だいたいここで待たされる。こちらが声を出さないと、絶対に応対しない。
 
「すみませ~ん」と、やや低いトーンで声を掛けてみる。すると、どこの役所でも同じ雰囲気を味わうことになる。1回呼んでも誰も来ないどころか、こちらを見ようともしない。誰かが応対するだろう、と踏んでいるのか。必ず2回呼ばなければいけない。しかも大きな声で。
 
すると、こちらから見て一番手前の女性が、ノソ~ッと動き出す。“めんどくせぇなぁ~!”という顔で、「はい、何でしょう?」と元気なく答える。
 
この瞬間に、第1回目の「民営化しろ!」という感情が、ムクムクと湧いてくる。「お前ら税金で喰うとんのやろ! もっと愛想よぉせんかい!」と、ガラの悪いおっさんなら言うだろうが、私は若干紳士なので、「民間なら、明るい笑顔で応対してくれるのに」と思うだけである。
 
用件を伝えると、「少々お待ちください」と必ず言う。その部署の人間なのに、上司に聞かなければわからないことが多い。ここでまた、待たされる。仕方がないので、カウンターの中を眺めることになる。で、いつもの光景を見る。
 
座っている席から想像して、その部署の「長」であろう人間は、だいたい新聞を読んでいるか、書類を眺めているフリをしている。たまには仕事をしているのかもしれないが、私は見たことがない。
 
他の連中はというと、「長」に近い順に……書類やパソコンを見ながら、考えごとをしているフリをする人。書類を見ながら何かを書いている、あるいはパソコンを操作している人。書類を見ながら、パソコンにデータを打ち込んでいる人。どの部署でも、ほぼ同じ光景を見る。
 
そして、役所内はだいたい静かである。クチャクチャしゃべっている人はいない。さすが、公務員は真面目な人ばかりだ。なんてことはない。

おしゃべりしていると、住民に何を言われるかわからないから、ただひたすら、仕事のフリをしているのである。まぁ、これは私の偏見だとしても、この瞬間に第2回目の「民営化しろ!」という感情が、高ぶってくる。
 
どう考えても、事務的な仕事ばかりだ。高い給料の公務員でなくとも、民間でできる。と言うと、「情報の漏洩が危険だ」と言う。
 
そんな心配は無用だ。むしろ最近は、公務員の犯罪が多いので、民間の方が安心できる。民間は、問題を起こせば信用を失うので、公務員より安全なのではないか。
 
役所内の事務的な仕事をアウトソーシングすれば、人件費すなわち税金が大きく節約できる。役所内で高い給料を必要とする職種はごくわずか。創造性を発揮しなければならない上層部とその予備軍を確保しておけば、後は民間で充分に対応できる。
 
またここで、文句が出るだろう。すべての公務員がその予備軍だ、と。大企業ならそんな理屈も通るだろうが、税金で運営している組織である。少数精鋭で、人を育てるべきなのだ。
 
中小企業が大量の人材を雇うことはできない。徹底的に無駄を省いて、人を育てている。そこを見習ってほしい。
 
そして、事務仕事は民営化すべし。できないなら、中小企業並みの給料に下げるべき。仕事に見合った給料でなければ、おかしいのである。


■人気ランキングに参加しています。
 1クリックをお願いします。


社会・政治問題ランキング


母を「火葬式」で見送って、感じたこと。

母が亡くなった時のこと。本人の意向もあり、葬儀は行わず、火葬のみで見送った。

私は自分用にと登録していた葬儀社に連絡し、格安の「火葬式」を依頼した。

遺体の搬送、安置、役所への手続き、斎場での見送りまでを含めた、非常に簡易なものだが、すべてを含んだ費用が約17万円。

価格の安さもさることながら、私はその“楽さ”に驚いた。

十数年前の父の葬儀を思い出し、「火葬式」を選んだことは正解だったと確信した。

父の時は、本人が掛け金を払って会員になっていた葬儀社に依頼した。一般的な葬儀である。

父が亡くなる前は、病状が一進一退で何度も病院に呼ばれ、泊まり込むことも多く、母と私は疲れきっていた。

亡くなっても、ゆっくり休むことはできず、すぐに葬儀の準備をしなければならない。

葬儀社に依頼したからといって、“すべておまかせ”でやってくれるわけではない。葬儀に必要なものを、ひとつひとつ「どうするか?」と聞かれる。

棺桶はどれにするか? 祭壇は? 花は? 写真は? 戒名は?

葬儀に関しては、葬儀社の言いなりになると、とんでもない費用が掛かると聞いていたので、できる限り冷静に対処しようとしたが、疲れきっていたので考えられなくなってくる。

結局、費用は100万円を超えてしまった。なるべく安いものを選んだつもりなのに、100万円超えである。

私は当初、この葬儀社には43万円の掛け金を払っていたので、さほど追加料金は掛からないと考えていた。

それが、倍以上の価格になるとは、信じられなかったのである。

だが、それが葬儀社の“システム”であることに気づいても、時すでに遅しである。

大げさな言い方だが、私はその時誓った。自身の時も、家族の時も、絶対に葬儀はしない、と。

まずは、費用の問題。もし私が亡くなって、そんな金を使うくらいなら、その分家族で美味しいものでも食べてくれ、と思う。旅行にも行ける。当面の生活費にもなる。

次に、心身ともに疲れるようなことは軽減させたい、と思う。

人が亡くなる前後は、本当に疲れる。悲しむ余裕さえなくなる。

大切な人を見送る時ぐらいは仕方のないこと、当然のことなのだが、私自身の時のことを考えると、妻や子にそんな思いをさせたくはない。

とっとと終わらせて、ゆっくりと休んで欲しい。

見送る儀式など、どうでも良い。心の中で、私をどう生かしてくれるのかが大切であって、現実の私は早く処分してくれれば良い。

元々、いまのような派手な葬儀は、日本に存在しない。ビジネスとして確立されたものである。

どう見送るかは、本人の希望や家族の思いなのだが、大切なのはカタチではなく、心なのではないかと思う。


■人気ランキングに参加しています。
 1クリックをお願いします。


社会・政治問題ランキング


買い物難民が本当に求めているのは、「ネットスーパー」ではない。

日本全国の過疎地や高度成長期のニュータウンでは、徐々に買い物する場所がなくなり、買い物難民が増加している。

社会問題となっていることから、ネットスーパーや移動販売の復活など、さまざまな取り組みが行われている。

これにより、まだまだ充分ではないが、少しずつ不便さは解消の方向に進んではいる。

だが私は、これらの取り組みは、本当の意味での問題解決にはならないと捉えている。確かに、不便さは解消されるだろうが、それだけが買い物難民の抱える問題ではない。

買い物難民には、場所柄、高齢者が多い。

高齢者が求めているのは、“不便なくものを手に入れること”ではなく、“買い物をする場所”なのである。

買い物をする楽しさを味わいたいのである。

歳を取って、遠出することもできなくなった高齢者は、“たかが買い物”を非常に喜ぶ。さまざまな商品を自分で見てまわり、手に取り、選びたいのである。

そして、そこで出会った知人と話がしたいのである。店が社交場となる。

それが、高齢者の願い。本当に求めていること。

ネットスーパーや移動販売も必要なのだが、たまには買い物に出掛けたいのである。

元気で長生きしてもらうためには、ささやかな楽しみが欠かせない。

買い物に連れて行ってあげる取り組みが必要なのではないか。

一部では実施されていることだが、スーパーと行政が共同で、送迎バスを運行している地域がある。週に何度か、数カ所の乗り場を巡回している。このバスは無料となっているが、有料でも構わない。

ときどき買い物に行けることは、高齢者を笑顔にする。


■人気ランキングに参加しています。
 1クリックをお願いします。


社会・政治問題ランキング


京都の小学生が背負う「ランリュック」って何?

京都府南部および滋賀県・大阪府・奈良県の一部で、公立小学校約120校以上の小学生が、ランドセルを背負っていないことをご存知だろうか。

1つ数万円もするお洒落な革製高級ランドセルではなく、布製のリュックサック状の鞄を通学に利用している。

その名も「ランリュック」(正式名称はランリック)。

ランドセルの丈夫さとリュックサックの軽さを合わせ持つ、機能性重視の鞄である。

交通安全のために、道路の危険標識を意識したデザインで、黄色いランドセルとして、昭和43年、京都で誕生している。その後、「青」と「赤」が追加され、現在は3色である。

ランドセルに比べ、かなり多くのものが入り、なにより安いのが親には嬉しい。1つ1万円以下である。

子どもたちにも評判は良い。「いっぱい入るから、手に何も持たなくていい」「軽いから楽」「ランドセルよりかっこいい」「遠足もこれで行ける」。

一部の女子児童には、「ランドセルの方がお洒落」という意見もあるが、これは、海外で大人の女性が愛用していることに影響されているのだろう。

子どもたちも納得していて、親も助かるのなら、全国で「ランリュック」を採用しても良いのではないか。

数万円の高級ランドセルには、賛否両論ある。

お洒落で高額なランドセルを買ってもらえない、貧困家庭の子どもがいることを論ずると、「格差社会を教えるのも教育だ」と、大人の論理をぶつけてくる人がいる。

では、当の子どもはどう感じているのかを考えたことがあるのだろうか。

ここで、議論をする気はない。

単純に、“高過ぎる”ランドセルなど、廃止しても良いのではないかと提案したい。

「ランリュック」で良い。「ランリュック」が良い。

採用している小学校は、賢い選択をしている。

機能性重視で、価格も手頃。元気いっぱいの小学生に、“高級感”は必要ないのではないか。


■人気ランキングに参加しています。
 1クリックをお願いします。


社会・政治問題ランキング


“適当人間”増殖中!

病気やトラブルで、イベントや旅行に行けなくなったりした場合に、チケット代金や宿泊料金を補償・返却する少額短期保険(ミニ保険)が登場したらしい。

想定外のことはよくあるので、「よくぞ思いついた」と言える、優れたビジネスモデルだと思う。私も利用したい。……と、一瞬は思った。

この新サービスには何の問題もないように見える。だが、こうした“痒いところに手が届く”的なサービスが増えると、人間が“いい加減”なことをするようになるのではないかと危惧する。

「行けないかもしれないけど、取り敢えず予約しちゃえ!」という、適当さが出てくるのではないか。

旅行にはキャンセル料が掛かるので、キチンと準備をして、仕事の段取りを整え、計画的にものごとを進めるものである。

だが、簡単にキャンセルができてしまうと、「ダメでも損しないし」となり、計画さえ適当になってしまう。

気楽かもしれないが、こんなことが許されると、計画性のない人間ばかりになってしまう。その場その場の“行き当たりばったり”。これでは、社会の秩序さえ失われてしまうのではないか。

いま、携帯やスマホの普及で、待ち合わせに遅刻する人が多くなっているという。簡単に連絡が取れるので、「ちょっと遅れる」と平気で言うようになってきている。待つ方も、連絡が入ることであまりイライラもしないので、怒る人も少ない。

両者が揉めなければそれで良い、と思う人もいるだろうが、これは明らかな間違いである。待ち合わせの時間を守る、ということが、社会人として必要なのである。

決まった時間までに到着するために、時間配分を考えるのである。これが計画性なのだが、できない人が増えている。

自分の適当さをフォローするために携帯・スマホで連絡することは、金を損しないために少額短期保険に入ることと同じではないのか。

こう考えると、適当な人間を助けるためのサービスを作ることは、世の中のためにはならないのではないかと思えてくる。「誰も損しないんだから、いいじゃん!」では、済まないのである。


■人気ランキングに参加しています。
 1クリックをお願いします。


社会・政治問題ランキング


コラム

マーケティングコラム
を書いています。

プロフィール

ignitionp

プロフィール

佐藤きよあき

■繁盛戦略
コンサルタント
■中小企業経営研究会
ビジネス・カウンセラー
■元中小企業
基盤整備機構
商業活性化アドバイザー

佐藤きよあきの書籍


おすすめ情報
  • ライブドアブログ