社会WatchPlus

世の中のあれこれに、ちょっとモノ申したい。

「カジノ」で潤う、街のダークサイド。

大阪は、いまだ「カジノ構想」を引きずっている。

カジノができれば、人が集まり、その地域の経済は潤う。関連する分野はもとより、その波及効果も期待できる。

ラスベガスをはじめ、ゴールドコースト、マカオ、韓国などの事例を見れば、経済の落ち込んだ地域は、夢見てしまうだろう。

だが、安易に手を出せないでいるには、理由がある。


法律の壁だけが問題なのではない。光あるところには、必ず影ができる。金の集まるところには、悪人も集まる。

暴力団・犯罪者がうごめく、ダークサイドが生まれるのである。

このことが安易に想像できるから、「カジノ構想」は進まない。地域の人びとも当然反対する。

私は、ギャンブルそのものを否定するわけではない。自身でも、競馬・パチンコを楽しんでいた時期がある。ほどほどに遊べば、適当な息抜きにはなる。

だが、世の中にはのめり込む人が多い。破産するまでやったり、犯罪で得た金を軍資金にするやつまでいる。

だから、ギャンブルのイメージは良くないのである。実際、人間を堕落させている。


「楽しく遊ぶ」レベルを超える人間がいる以上、ギャンブルを勧めるわけにはいかない。よって、カジノは作るべきではない。

……という結論にはなるのだが、ちょっとひねくれた見方をしてみると……。

いまの世の中、いずれにせよ犯罪は増えている。カジノが無くても、ギャンブルにのめり込む人間は多い。

競馬やパチンコに行っていた人間が、カジノに変わるだけ。暴力団の運営する賭博場に行かなくなる可能性はある。

大きなカジノにそうした人間を集めておけば、監視しやすくなる。

これらは、カジノの“利点”だと言えるのではないか。


もし、カジノができても、現状の影の部分が広がらないのであれば、経済が活性化するというメリットがある分、作る価値が出てくるのかもしれない。

カジノの街は、影の部分を持ちながらも、人びとが押し寄せる観光地のように、活気をおびてくる。

はたして、これを是とするか否とするか。正しくはないが、間違いとも言い切れない。


■人気ランキングに参加しています。
 1クリックをお願いします。


社会・政治問題ランキング


「コストコ」を賢く“利用しない”方法。

みんな大好き「コストコ」。食品・生活用品が激安で手に入る、大型ディスカウントストアである。

売り場に立つと、誰もが目の色を変える。サイズや量に驚き、価格を見て、また驚く。特に食品のまわりには人だかりが。

大家族や大食漢の人たちには、救世主のような存在だろう。

だが、この店を利用するには、会員にならなくてはいけない。年会費4752円(税込み)。これは高い。

頻繁に利用する人は、すぐに元が取れるが、そうでなければ、激安店のメリットが半減するほどの金額である。

会員にならずに利用する方法もあるが、それは一度きりのお試し。また、入会して1年以内であれば、退会時に会費が全額戻ってくるので、これを利用する手もある。だが、次の年は会員になれない。

そんな高額な会費を払ってでも、多くの人は喜んで利用している。

確かに、安くて美味しそうなものばかりなので、私も会員になっても良いとは思う。だが、この店を利用するにあたっては、“理性”が必要である。

私は、商品を隅々まで観察してみたが、すべてが安いわけではない。サイズと量に圧倒され、安いように感じてしまうのである。

普通のスーパーの通常品と比較してみると、決して安くはない商品が多い。大きいサイズだからと、お得だとは言えないのである。

また、サイズが大きいということは、置く場所に困ったり、扱いにくかったり、急いで消費しなければならなかったりする。

大家族は良いが、一般的な4人家族程度では、長期間にわたって、その商品を利用し続けなければならない。

生活用品は場所を取るだけだとしても、食品はどうか。

人気のある「プルコギビーフ」や「ディナーロール」、「ティラミス」などは、量が多過ぎて、冷蔵庫をずっと占拠することになる。

すると、邪魔になるので、早く食べなければならない。無理をして食べることも多くなる。

それだけではなく、人の心理として、たくさんあると嬉しくなって、つい食べ過ぎることもある。

つまり、必要以上にカロリーを摂るようになるので、太ってしまうのである。

特に、食品売り場では、見るからに食べることが好きそうな人たちを多く見かける。幸せそうな顔で買い物をしているが、はたして、これは良いことなのか。肥満を増やしているだけではないのか。

美味しそうな商品ばかりで、非常に魅力的ではあるが、その感情を理性で抑え込む必要があると思う。だが、売り場に立てば、理性を失ってしまう。

ネットや雑誌では、「使い切り術」「冷凍保存の裏ワザ」「無駄のないアレンジレシピ」など、“賢い利用方法”が紹介されている。

だが、本当に賢い消費者は、買い過ぎる「コストコ」を利用しないのではないか。行けば買ってしまう店には、行かない方が良いのである。

そして、肥満予防のためにも、会員になるべきではない。


■人気ランキングに参加しています。
 1クリックをお願いします。


社会・政治問題ランキング


住む場所で税金が変わる。ならば、金持ち市町村をめざせ!

自営業者の入る国民健康保険。実は、全国一律ではない。国が運営しているような印象があるが、実際には、各市町村の運営である。

その保険料は、同じ年収の人でも、住んでいる市町村によって、驚くほど違いがあることをご存知か。

少し古いデータだが、市町村区民税を年間4万円払っている、加入者2人世帯の場合。札幌市では、年間44万円超の国民健康保険料(税)だが、東京23区では、14万円超となる。その差、30万円。驚愕である。

これは、各市町村の財政に関係している。つまり、裕福な街に住めば、保険料は安いということである。

他に、驚くような差のあるものとして、水道料金がある。水の豊富な町かどうか。1ヵ月千円程度の町があるかと思えば、8千円を超える町もある。これでは、普通に生活しているだけで、金が掛かってしまう。

電気や都市ガスは、比較的似たような料金だが、プロパンガスになると、大きく変わる。

世帯数や地理的条件によって、大きな差がある。当然、世帯が少なく、山奥になれば、輸送コストの問題で、とんでもない金額になる。

裕福な町では、他の住民サービスも充実している。小・中学生の医療費が無料だったり、出産・長寿の祝い金が出たりする。

もし、引っ越しを考えるなら、そんな町を探してみても良いのではないか。生きているだけで、莫大な金額が消えていくのだから。


■人気ランキングに参加しています。
 1クリックをお願いします。


社会・政治問題ランキング


人は、「野菜を食べなさい」という呪縛を抱えている!?

私は、たまに食べ放題のお店を利用する。平日のランチタイム限定だが。それは、もっとも料金が安い時間帯だからである。

ディナータイムや土日祝日は非常に高いし、私は夜出歩くのが嫌い&人の多いところが嫌い、という理由もあって、平日の昼にしか行かないのである。安い分、若干食材のレベルは落ちるが、私は充分に満足している。

お気に入りの店は、焼肉をメインに、寿司や総菜、デザートが食べられる、規模の小さなチェーン店である。

私は、食べ放題に限らず、どんな店に行ってもやってしまうことがある。職業病だと思うが、まわりの客を観察してしまうのである。どんな人が来ていて、どんなものを食べているかを、つい見てしまう。すると、非常に興味深いことがわかる。

焼肉メインの店なので、まずは肉を皿に盛って来るのだが、必ず一緒に野菜が盛られている。玉ねぎ、ピーマン、人参、かぼちゃ、とうもろこし…。「それ、本当に食べたいのか?」と、私は思ってしまう。

好きなものを好きなだけ食べられる店で、野菜を焼くという行為が、私には理解できない。もちろん、野菜好きの人もいるだろうが、ほとんどの人が、健康を気遣って食べているのではないかと、見受けられる。

小さい頃から、母親に「野菜も食べなさい」と言われ続け、それが染みついているだけではないのか。親や学校の先生の教えを守ろうとしているのでは。

非常に興味深い行動パターンだと思う。

屋外でのバーベキューパーティでも野菜が登場するが、「野菜を食べなきゃ」+「肉を少なくする」ための工夫でしかない、と思っている。

誤解のないように言っておくが、野菜がいらないというのは、“焼肉“の場面に限った話である。

焼肉以外の和洋食食べ放題などでは、野菜を積極的に食べる人は多い。特に女性は野菜が好きである。最近では、有機農法の野菜に人気があり、野菜料理がメインの食べ放題の店に行列ができている。

もうひとつ気になるのが、味噌汁やスープもつけて、定食のようにしている人。一汁三菜ではないが、バランスを大切にしているようだ。

汁物を飲んでしまうと、すぐに腹が一杯になる。私は経験上、味噌汁・スープ・ラーメン・うどんなどの汁物には一切手をつけないようにしている。その分、肉を食べるために。

基本的には、好きなものを好きなだけ食べれば良いのだが、一番はやはり肉なので、他のものは極力少なくしている。

最近では、寿司より白ご飯の方が、肉をたくさん食べられることがわかったので、寿司も食べない。総菜もほぼ食べなくなった。つまり、焼肉&ご飯に全力集中するようになったのである。なかなかの“通”だと自負しているのだが、違うだろうか?

そう、あなたの思っていることは正しい。どんな食べ方をしようが、個人の自由・勝手である。

だが、私は思う。高い金を払って、野菜や汁物を食べなくたっていいだろ、と。たまの外食なのだから、肉を目一杯食べれば良いのではないか、と。特に汁物は、店の策略にまんまとハマっていることを知るが良い。

食べ放題で元を取ることなどできないが、できるだけそれに近づきたいと思うのが、貧乏な人間の性である。そのためには、汁物を切り捨てよ。野菜を食べたいのなら、和食の食べ放題に行け。

焼肉を食う時は、肉に集中しろ。それを許されるのが、食べ放題である。実に楽しく、幸せではないか。


■人気ランキングに参加しています。
 1クリックをお願いします。


社会・政治問題ランキング


結婚には、「愛」が必要だということを忘れていないか?

東日本大震災以降、「絆」を求めて、結婚する人が増え続けている。だが、何年も前から、離婚する人も増えている。そしていま、再婚する人まで増えていると言う。

男女が結ばれて、家庭を持ち、子どもを作ることは好ましい。日本経済にとっても、望むべきことである。だが、どこか違和感が残る。

安易な結婚、安易な離婚、安易な再婚。そんな思いが頭をよぎる。軽いノリで結婚するから、簡単に別れることができるのでは? 簡単に別れることができるから、また再婚するのでは?

「一生添い遂げろ」などと言う気はないが、理想として持っていなければいけない考え方ではないか。本気で愛し、愛されてこその結婚ではないか。

「絆」結婚もそうだが、愛というよりも、心のどこかに「淋しいから」という気持ちはないだろうか。淋しさを紛らわすために、相手を探してはいないか。

夫婦・カップル間の問題・事件を見ていると、本当に愛情で結ばれたのか、と疑ってしまうことが多い。どちらかの連れ子を相手が虐待する事件の多さを見ると、そこに愛があるとは思えない。安易な再婚ではないかと思う。

このように、疑問のある結婚・離婚・再婚ではあるが、ビジネス界としては、チャンスだと捉えている。震災以降、地味婚の流れが派手婚に戻り、結婚ビジネスが盛り返している。

商売になるとも思えなかった離婚までもが、新たなビジネスチャンスとなっている。2人で再出発を決意する「離婚式」なるイベントが流行りつつあり、「離婚式プランナー」という検定試験まで行われている。

暗い別れより、明るい別れの方が良いかもしれないが、この軽さが離婚を助長してはいないだろうか。

そして、従来ならば、籍を入れるだけというイメージの再婚までもが、派手婚になっている。年代的にアラフォーが多いようだが、一度目の結婚が地味婚だったので、今度はきちんとやりたいと思う人が多いと言う。二度目だから静かに、という考えはないようだ。

結婚・再婚が多くなるほど、住宅・家具インテリア・生活雑貨などの業界は活況を呈す。離婚によって、リサイクルショップに商品が増えるので、活気が出ていると言う。日本経済にとっては、良いことなのかもしれない。

だが、これで良いのか。理想の結婚ができるように導くことの方が重要なのではないか。社会全体の考え方を変えなければならない。


■人気ランキングに参加しています。
 1クリックをお願いします。


社会・政治問題ランキング


コラム

マーケティングコラム
を書いています。

プロフィール

ignitionp

プロフィール

佐藤きよあき

■繁盛戦略
コンサルタント
■中小企業経営研究会
ビジネス・カウンセラー
■元中小企業
基盤整備機構
商業活性化アドバイザー

佐藤きよあきの書籍


おすすめ情報
  • ライブドアブログ