社会WatchPlus

世の中のあれこれに、ちょっとモノ申したい。

フリーアドレスの不自由さ。

社員が個々に机を持たないオフィススタイルを「フリーアドレス」と言う。空いている席やオープンスペースを自由に使って仕事をする。

社内コミュニケーションの活性化やスペースの有効活用、リフレッシュ効果があることから、実施する企業が増え始めている。

私は、自分の部屋が一番好きで、自分の能力を遺憾なく発揮できる場所だと思っているので、別の場所で仕事をしろと言われても、非常に困る。なので、フリーアドレスなどあり得ないと思っている。

コピーライターとして会社勤めをしていた時にも、自分の机のまわりを出入口以外は囲って欲しいと思っていた。

海外のクリエイティブなオフィスを見ると、みんな自分だけのスペースを持っている。パーテーションで仕切られているだけだが、“個”の空間が守られている。

そこには、お気に入りの写真やおもちゃ、オブジェなどが飾られ、自宅の机のように使っている。

IT関連で言えば、アップルやツイッター、フェイスブック、グーグルなどのオフィス。映画会社では、ピクサーやドリームワークスなどのオフィスは、非常に自由な空間、楽しい空間が社員に与えられている。

まさに理想の職場に思える。こんな空間で考えるからこそ、自由で楽しい発想が浮かんでくるのではないか。

こうした会社の素晴らしいところは、個人の空間以外の場所にも工夫がされていることである。仕事が煮詰まったり、気分転換をしたい時のために、“遊び場”のようなスペースが設けられている。

ビリヤードやテーブルサッカー、バー、広場などが社内にある。そこで息抜きをしても良いし、仕事をしても良い。この自由さが、クリエイティブな仕事を生み出すのである。

自分のベースとなる場所を持ちながら、その時の気分で場所を変えることができるのである。これこそが、本当の「フリーアドレス」なのではないか。

初めから自分の机がなく、好きなところで仕事をしろと強制されるのは、まったくフリーではない。落ち着かないし、毎回必要な資料を移動させなければならない。毎日、座る席で悩むかもしれない。

何ごとを成すにも、じっくりものを考える戦略本部が必要なのである。そこをベースに、優れた戦術が実行されるのである。


■人気ランキングに参加しています。
 1クリックをお願いします。


社会・政治問題ランキング


「愛玩動物飼育教習所」を設立すべき。

大阪府泉佐野市では、路上に放置された犬のフン対策として、見つけた場合、過料を徴収する罰則を設けている。だが、実際に徴収する意向はないと言う。

私はこの件に関し、過料徴収は“やむを得ず”と考えているのだが、なぜ徴収しないのか。やるなら徹底しなければ、効果がない。

過料については、「そこまでやらなくても…」「モラルの問題に罰則までは…」と言う人も多いようだが、いくら啓蒙しても、マナーの悪い人は改めようとはしない。

犬を放し飼いにしたり、連れて来てはいけない場所に入れたり、最低限のルールさえ守らない。「この犬はおとなしいから」「ペットではなく、家族だから」と、身勝手な論理で、わがままを通そうとする。

私も犬を飼っているので、大切な家族であることはわかる。だが、犬は人と同じではない。躾けているつもりでも、いつ暴走するかわからない。

人を噛むかもしれない。他所の犬とケンカにもなる。犬に対するアレルギーを持っている人に近づくと、その人の命さえ奪いかねないことを知っておくべきである。

自分にとっては、“可愛いワンちゃん”かもしれないが、気づかないところで、人に迷惑をかけているものである。

フンの放置もそのひとつ。道端に放置すれば、ハエも増える。住宅街であれば、その周辺が不衛生な状況となってしまう。ハエを媒介にして、住民が病気になる可能性もないとは言えない。

飼い主は、そこまで考えているだろうか。いや、身勝手な人は何も考えていない。そんな人に、犬を飼う資格はない。

罰則に反対したり、文句を言うのはおかしい。ちゃんとフンを処理すれば良い話である。犬を飼う以上当然のことなのに、なぜ、それができないのか。

それは、犬に関してまったく知識のないまま、“可愛いから”“番犬になるから”という理由で、安易に飼っているからである。

根本的な解決策として、「犬を自由に飼う」ことを制限してはどうか。犬に関する知識を得た上でなければ、飼えないようにするのである。「愛玩動物飼育免許」を取得している人だけに許可するのである。

現在でも、「動物愛護センター」の「犬猫譲渡会」で犬猫をもらう場合、1時間半ほどの講習を受けなければならない。そうしたことを愛玩動物を飼う人全員に、義務づけた方が良い。

1時間半では、大まかなことしか学べないので、数時間から数日実施しても良いのではないか。本当に飼いたいのであれば、それくらいのことはできるはずである。これにより、安易な飼育も減るのではないか。

「愛玩動物飼育教習所」。ぜひ、作るべきである。


■人気ランキングに参加しています。
 1クリックをお願いします。


社会・政治問題ランキング


仕事ができれば、化粧はいらない。

仕事をする時、女性は化粧をすべきなのか? これは非常にデリケートなテーマである。「女は化粧をしろ!」などと言うのは、明らかなセクハラである。化粧をしようがしまいが、個人の自由であり、他人が口出しすることではない。

だが、敢えて回答するなら、華のある職場と華のない職場では、雰囲気・明るさが違う。髪を振り乱した女性が、下を向いて黙々と仕事をしている職場と、化粧をして明るい笑顔で働く女性のいる職場では、“働く環境”としての快適さがまったく違ってくる。これはあくまで男性側からの視線だが。

美しい女性が職場にいれば、単純でスケベな男たちは、その女性に注目されたい思いから、仕事を頑張ってしまうだろう。

つき合いたい、という思いはなくても、“カッコいい”と思われたいのが、男の性である。奥さんや彼女がいても、その思いは変わらない。

そう考えると、会社の業績を上げるためにも、職場に美しい女性がいることは大きな意味を持つ。

「男って、ほんとバカね!」と言われるだろうが、男はバカなのである。そんなことで仕事を頑張るのだから、「可愛いものね」と済ませて欲しい。

……と、一般男性の意見を述べたところで、私個人の意見を。

仕事ができれば、化粧などどうでも良い。仕事仲間・仕事のパートナーとして、ともに力を合わせ、時には競い合う関係が築けているなら、見ためは気にしない。

仕事をバリバリこなし、充実していれば、すっぴんでも光り輝くものである。心の輝きが、顔に表れるものである。顔のつくりや化粧の問題ではない。

内面から滲み出る色気は、女の色気ではなく、人間としての色気である。そんな女性は尊敬するし、人間として惚れる。自分の職場にいて欲しいのは、そんな女性である。


■人気ランキングに参加しています。
 1クリックをお願いします。


社会・政治問題ランキング


逮捕されて気づく、コトの重大さ。

以前、店で裸になったり、店員に土下座をさせた画像をSNSに投稿したバカどもが逮捕された。逮捕は行き過ぎだという意見もあるようだが、これを注意だけで済ませては、本人たちの猛省を促すことはできない。

「怒られちゃった」という程度の意識で、またやるかもしれない。「単なるいたずらなのに」と思っているかもしれない。

二度とやらないように、ここは“逮捕”という厳しい対応を取るべきである。普通の人なら、“逮捕される”という経験はないので、コトの重大さを思い知ることになるだろう。そうなって初めて、猛省するのではないか。

逮捕=犯罪者ではない。本人の反省度合いにもよるが、余程悪質ではない限り、ほとんどの場合、不起訴もしくは起訴猶予となるだろう。それで良いのである。自分たちのしたことの愚かさをわからせるための“逮捕”である。

いまの日本に常識は通用しない。まわりが注意しても、聞き入れないどころか、逆切れするやつらばかりだ。そんな連中に甘い対応をしていると、さらに暴走するだけである。

「見せしめじゃないのか?」と言う人もいるだろうが、歯止めを掛けるためにも、「見せしめ」は必要なのではないか。言葉は悪いかもしれないが、それだけのことをしたのだから、仕方のないことである。

今後、同じようなことをしたやつらは、逮捕しなければならない。「こんなことをすれば、逮捕される」ということを知らしめる必要がある。それでも行き過ぎた行為をするやつらは、どんどん逮捕し、起訴することも考えなければならない。

世の中のすべてが甘くなっているから、軽いノリで暴走するやつらが増えるのである。「厳罰化では解決できない」と言う人がいるが、ならば、どうすれば、この異常な社会は良くなるのか。教えてもらいたいものだ。


■人気ランキングに参加しています。
 1クリックをお願いします。


社会・政治問題ランキング


真実の追究には、「家族崩壊」のリスクが……。

子どもが本当に自分の子どもかどうかを疑う男性がいる。夫婦にはさまざまな問題があるので、疑ってしまう、それなりの理由があるのだろう。ならば、知りたいと思う気持ちは理解できる。気になり始めると、追求したくなるのもわかる。

だが、真実を知った後のことを冷静に考えておかなければならない。一時的な感情の高ぶりを抑えきれず、DNA鑑定をして、本当の子どもではないことが判明したら、どう対処するのか。

もし、夫婦の仲、子どもとの関わりが、非常にうまくいっているとしたら、そのすべてが崩壊してしまうことを覚悟しなければならない。

仲良し家族が、一瞬にして消え失せてしまうのである。楽しかった日々も、想い出も、人を思う気持ちも失ってしまう。はたして、それで後悔はしないのか。

だからといって、「DNA鑑定などするな!」と簡単に言えることではない。一度頭をよぎると、忘れ去ることは容易ではない。

「真実」を取るか、「現状の平穏」を取るか。大きな決断が必要である。

DNA鑑定をすると決めたとしても、パートナーの了承を得るか、内緒でやるか、という決断もいる。パートナーに話せば、当然、疑っていることに不快感を示し、離婚の原因となる可能性は高い。

内緒でするとした場合、バレなければ問題とはならないが、バレた時には同じ結果になる。また、バレなくても大きな問題が残る。

鑑定の結果、「白」ならば安心できるだろうが、「黒」ならばどうするのか。自分ひとりで抱え込むことになる。黙っていれば、家族の崩壊は免れるが、一生悩み続けることになるだろう。自分自身の精神に支障をきたし、やがて家族の崩壊へと繋がる。結果が「黒」なら、結末は同じなのである。

いまが平穏ならば、DNA鑑定の必要はあるだろうか。こう考えることはできないだろうか。パートナーも昔はいろいろあったかもしれないが、いまは自分のため、子どものために尽くしてくれている。それで充分ではないのか、と。言えない事情があったのだ、と。

いまを大切にすることが、自分の幸せになるのである。


■人気ランキングに参加しています。
 1クリックをお願いします。


社会・政治問題ランキング


コラム

マーケティングコラム
を書いています。

MAG2NEWS
佐藤きよあき


プロフィール

ignitionp

プロフィール

佐藤きよあき

■繁盛戦略
コンサルタント
■中小企業経営研究会
ビジネス・カウンセラー
■元中小企業
基盤整備機構
商業活性化アドバイザー

佐藤きよあきの書籍


佐藤きよあきの
電子書籍

バーモントカレーを
定価で売る方法


ビジネスアイデア
発想源


ファンづくりの
極意!
お客さまを“とりこ”
にする方法


お客さまの
「心」を
ギュッ!とつかむ
アイデア集・
飲食店編


お客さまの
「心」を
ギュッ!とつかむ
アイデア集・
小売店編


お客さまの
「心」を
ギュッ!とつかむ
アイデア集・旅館編


路地裏流・
繁盛店の創り方


ビジネス
ゴールドラッシュ
稼げる金脈地図


来る!来る!
売れる!
また来てくれる!
絶対集客フレーズ集


加速集客!
お店のファンの
創り方


『秘技・
記念日商法』
広告アイデア文例集


思わず
注文してしまう
料理名のつけ方


お客さまの“声”から
読み取る
人気旅館の秘密


これは儲かる!
新規ビジネス
アイデア集


ビジネス・
スキルアップ術・
原石の磨き方vol.1


儲けのネタ帳・
バカ売れアイデア
60選


儲けのネタ帳・
バカ売れアイデア
60選 PART2


POPコピーの
書き方・事例集


激売れ!
キャッチフレーズ・
22のテクニック


ギリギリショップの
ゲリラ
マーケティング


うれしい悲鳴。
町は大渋滞!
<町おこしイベント
アイデア集>


田舎のお土産
アイデア40
<改訂版>


あなたの知らない
『真実の
田舎暮らし』


『プチ我慢』で、
みんなやせられる!


恋愛下手な
あなたに必要な
「26」のこと。
『恋愛・婚活
魔法の成功術』


遊酔流・
この1冊で100万円
節約できる本


生きるための
『貧乏格言50』


おすすめ情報
  • ライブドアブログ