社会WatchPlus

世の中のあれこれに、ちょっとモノ申したい。

仕事ができれば、化粧はいらない。

仕事をする時、女性は化粧をすべきなのか? これは非常にデリケートなテーマである。「女は化粧をしろ!」などと言うのは、明らかなセクハラである。化粧をしようがしまいが、個人の自由であり、他人が口出しすることではない。

だが、敢えて回答するなら、華のある職場と華のない職場では、雰囲気・明るさが違う。髪を振り乱した女性が、下を向いて黙々と仕事をしている職場と、化粧をして明るい笑顔で働く女性のいる職場では、“働く環境”としての快適さがまったく違ってくる。これはあくまで男性側からの視線だが。

美しい女性が職場にいれば、単純でスケベな男たちは、その女性に注目されたい思いから、仕事を頑張ってしまうだろう。

つき合いたい、という思いはなくても、“カッコいい”と思われたいのが、男の性である。奥さんや彼女がいても、その思いは変わらない。

そう考えると、会社の業績を上げるためにも、職場に美しい女性がいることは大きな意味を持つ。

「男って、ほんとバカね!」と言われるだろうが、男はバカなのである。そんなことで仕事を頑張るのだから、「可愛いものね」と済ませて欲しい。

……と、一般男性の意見を述べたところで、私個人の意見を。

仕事ができれば、化粧などどうでも良い。仕事仲間・仕事のパートナーとして、ともに力を合わせ、時には競い合う関係が築けているなら、見ためは気にしない。

仕事をバリバリこなし、充実していれば、すっぴんでも光り輝くものである。心の輝きが、顔に表れるものである。顔のつくりや化粧の問題ではない。

内面から滲み出る色気は、女の色気ではなく、人間としての色気である。そんな女性は尊敬するし、人間として惚れる。自分の職場にいて欲しいのは、そんな女性である。


■人気ランキングに参加しています。
 1クリックをお願いします。


社会・政治問題ランキング


逮捕されて気づく、コトの重大さ。

以前、店で裸になったり、店員に土下座をさせた画像をSNSに投稿したバカどもが逮捕された。逮捕は行き過ぎだという意見もあるようだが、これを注意だけで済ませては、本人たちの猛省を促すことはできない。

「怒られちゃった」という程度の意識で、またやるかもしれない。「単なるいたずらなのに」と思っているかもしれない。

二度とやらないように、ここは“逮捕”という厳しい対応を取るべきである。普通の人なら、“逮捕される”という経験はないので、コトの重大さを思い知ることになるだろう。そうなって初めて、猛省するのではないか。

逮捕=犯罪者ではない。本人の反省度合いにもよるが、余程悪質ではない限り、ほとんどの場合、不起訴もしくは起訴猶予となるだろう。それで良いのである。自分たちのしたことの愚かさをわからせるための“逮捕”である。

いまの日本に常識は通用しない。まわりが注意しても、聞き入れないどころか、逆切れするやつらばかりだ。そんな連中に甘い対応をしていると、さらに暴走するだけである。

「見せしめじゃないのか?」と言う人もいるだろうが、歯止めを掛けるためにも、「見せしめ」は必要なのではないか。言葉は悪いかもしれないが、それだけのことをしたのだから、仕方のないことである。

今後、同じようなことをしたやつらは、逮捕しなければならない。「こんなことをすれば、逮捕される」ということを知らしめる必要がある。それでも行き過ぎた行為をするやつらは、どんどん逮捕し、起訴することも考えなければならない。

世の中のすべてが甘くなっているから、軽いノリで暴走するやつらが増えるのである。「厳罰化では解決できない」と言う人がいるが、ならば、どうすれば、この異常な社会は良くなるのか。教えてもらいたいものだ。


■人気ランキングに参加しています。
 1クリックをお願いします。


社会・政治問題ランキング


真実の追究には、「家族崩壊」のリスクが……。

子どもが本当に自分の子どもかどうかを疑う男性がいる。夫婦にはさまざまな問題があるので、疑ってしまう、それなりの理由があるのだろう。ならば、知りたいと思う気持ちは理解できる。気になり始めると、追求したくなるのもわかる。

だが、真実を知った後のことを冷静に考えておかなければならない。一時的な感情の高ぶりを抑えきれず、DNA鑑定をして、本当の子どもではないことが判明したら、どう対処するのか。

もし、夫婦の仲、子どもとの関わりが、非常にうまくいっているとしたら、そのすべてが崩壊してしまうことを覚悟しなければならない。

仲良し家族が、一瞬にして消え失せてしまうのである。楽しかった日々も、想い出も、人を思う気持ちも失ってしまう。はたして、それで後悔はしないのか。

だからといって、「DNA鑑定などするな!」と簡単に言えることではない。一度頭をよぎると、忘れ去ることは容易ではない。

「真実」を取るか、「現状の平穏」を取るか。大きな決断が必要である。

DNA鑑定をすると決めたとしても、パートナーの了承を得るか、内緒でやるか、という決断もいる。パートナーに話せば、当然、疑っていることに不快感を示し、離婚の原因となる可能性は高い。

内緒でするとした場合、バレなければ問題とはならないが、バレた時には同じ結果になる。また、バレなくても大きな問題が残る。

鑑定の結果、「白」ならば安心できるだろうが、「黒」ならばどうするのか。自分ひとりで抱え込むことになる。黙っていれば、家族の崩壊は免れるが、一生悩み続けることになるだろう。自分自身の精神に支障をきたし、やがて家族の崩壊へと繋がる。結果が「黒」なら、結末は同じなのである。

いまが平穏ならば、DNA鑑定の必要はあるだろうか。こう考えることはできないだろうか。パートナーも昔はいろいろあったかもしれないが、いまは自分のため、子どものために尽くしてくれている。それで充分ではないのか、と。言えない事情があったのだ、と。

いまを大切にすることが、自分の幸せになるのである。


■人気ランキングに参加しています。
 1クリックをお願いします。


社会・政治問題ランキング


宅配便は、「スピードカルテル」を結んだ方が良い。

宅配便業界が異常だと感じる。翌日配送は当たり前となり、当日配送まで行っている。

ショップからの要望もあるかもしれないが、ライバルに勝つために、自ら身を削っているのではないか。さらに、価格競争も熾烈で、郵便局の存在さえも脅かすまでに発展している。

利用者にとっては、安くて、早くて、便利かもしれないが、そこまでは望んでいない。だが、提示されれば、そちらを選んでしまうだろう。

そんな競争の激化が、やはりと言うべきか、さまざまな問題を生じさせている。

クール便での荷物の扱いが、粗雑になっている。保冷用コンテナの扉を開けたまま、荷物の出し入れを行い、中身を劣化させてしまったのである。これは、スピードを重視するがために、手を抜いてしまった結果だと言える。

また、メール便が増えたことで、配送に時間が掛かるので、面倒だと思った担当者が、荷物を廃棄したり、自宅に放置した事例もある。

これらは、当然、指示を守らなかった従業員の責任なのだが、サービスを向上させるために、従業員に無理をさせているのではないかと、容易に想像できる。

異常なまでのサービス競争は、かえって顧客サービスを劣化させる。「安くて、早くて」より大切なのは、「確実」「安全」である。

“ほどほど”のスピードで、“間違いなく”届くことの方が重要なのである。競争のために、客が求めていないサービスを提供されても、嬉しくはない。

過度の競争は、「確実」「安全」を崩壊させ、客からの信頼を失墜させるものである。ここは、業界内の取り決めを作ってはどうか。

「これ以上、安くしない」「これ以上、早く配送しない」。法律上は問題のある“カルテル”かもしれないが、過剰な競争による消費者被害をなくすためには、規制対象外とすべきである。

かつては許されていた「合理化カルテル」を復活させてはどうか。技術向上・品質改善のために必要なカルテルならば、公正取引委員会の認可によって行うことができたのである。特に配送のスピードに関しては、安全面からもカルテルを結ぶ方が良い。

客にとって一番大切なことは何か。それを忘れてはいけない。


■人気ランキングに参加しています。
 1クリックをお願いします。


社会・政治問題ランキング


白か? 黒か? それを判断するのは、学生自身。

労働環境に問題のあるブラック企業に対し、従業員を大切にし、力を発揮しやすい環境を整えた、安心して働ける会社をホワイト企業と言う。

いま、経済産業省や大学によって、ホワイト企業の選定が行われている。学生たちの指針としたいようだが、はたして国や大学がやるべきことなのか。

自分が就職する会社を見極めるのは、学生自身の役割ではないのか。自分の眼で確かめ、自分で決断することが、社会人になるための試練だと思うが、どうだろう。

「この会社はホワイトですよ」と言われた企業に学生たちが集中することには、何も問題はないのだろうか。

ホワイトに選定されなかった企業はブラックなのか、という疑問も出てくるだろう。全国すべての企業の実態を調査できるはずもないのに、一部だけを取り上げ、ホワイトだと言ってしまうのは危険である。

また、ホワイトに選定したものの、それは上辺だけのことで、内情はブラックだったとしたら、学生に対しどう責任を取るのか。学生も国や大学のせいにしてしまうだろう。

就職は、人生を決定してしまうほどの重大案件である。人に誘導されることなど、あってはならない。学生本人が、決断すべきなのである。

それに、“ブラックだ”“ホワイトだ”と言っても、本当のところはわからない。ブラックだと言われる企業が、すべてにおいて劣悪な環境であるなら、従業員全員が辞めているはずである。だが、そうではない。

ある人にとってはブラックだったのかもしれないが、ある人にとってはホワイトなのかもしれない。多少辛いことがあっても、頑張る価値がある、やりがいがある、と感じているのかもしれない。

人によって感じ方が違うのであれば、第三者が“ブラックだ”“ホワイトだ”と言ってはならないのではないか。

あくまで、本人がどう感じるか、なのである。


■人気ランキングに参加しています。
 1クリックをお願いします。


社会・政治問題ランキング


コラム

マーケティングコラム
を書いています。

MAG2NEWS
佐藤きよあき


プロフィール

ignitionp

プロフィール

佐藤きよあき

■繁盛戦略
コンサルタント
■中小企業経営研究会
ビジネス・カウンセラー
■元中小企業
基盤整備機構
商業活性化アドバイザー

佐藤きよあきの書籍


佐藤きよあきの
電子書籍

バーモントカレーを
定価で売る方法


ビジネスアイデア
発想源


ファンづくりの
極意!
お客さまを“とりこ”
にする方法


お客さまの
「心」を
ギュッ!とつかむ
アイデア集・
飲食店編


お客さまの
「心」を
ギュッ!とつかむ
アイデア集・
小売店編


お客さまの
「心」を
ギュッ!とつかむ
アイデア集・旅館編


路地裏流・
繁盛店の創り方


ビジネス
ゴールドラッシュ
稼げる金脈地図


来る!来る!
売れる!
また来てくれる!
絶対集客フレーズ集


加速集客!
お店のファンの
創り方


『秘技・
記念日商法』
広告アイデア文例集


思わず
注文してしまう
料理名のつけ方


お客さまの“声”から
読み取る
人気旅館の秘密


これは儲かる!
新規ビジネス
アイデア集


ビジネス・
スキルアップ術・
原石の磨き方vol.1


儲けのネタ帳・
バカ売れアイデア
60選


儲けのネタ帳・
バカ売れアイデア
60選 PART2


POPコピーの
書き方・事例集


激売れ!
キャッチフレーズ・
22のテクニック


ギリギリショップの
ゲリラ
マーケティング


うれしい悲鳴。
町は大渋滞!
<町おこしイベント
アイデア集>


田舎のお土産
アイデア40
<改訂版>


あなたの知らない
『真実の
田舎暮らし』


『プチ我慢』で、
みんなやせられる!


恋愛下手な
あなたに必要な
「26」のこと。
『恋愛・婚活
魔法の成功術』


遊酔流・
この1冊で100万円
節約できる本


生きるための
『貧乏格言50』


おすすめ情報
  • ライブドアブログ